/* 目次 */

みゃ~やまぶろぐ

漫画やアニメの感想やオススメを書いてます

吸血鬼すぐ死ぬ【バンパイアハンターと吸血鬼のコンビ⁉ 変態が多いけど、いつの間にかクセになる面白さ】アニメ感想

吸血鬼って強そうですよね。

 

吸血鬼モノといえば、漫画やアニメ、海外のドラマや映画にしても、バンパイアハンターが吸血鬼と戦って平和を取り戻すみたいな内容のものが多いです。

 

しかし、「吸血鬼すぐ死ぬ」の吸血鬼はタイトル通り、すぐ死んでしまったり、曲者ぞろいだったりでちょっと違っています。

 

この作品は、吸血鬼と戦うというよりも、吸血鬼たちとのちょっと変わった日常を描いた作品です。

 

 

『吸血鬼すぐ死ぬ』とは

作品の概要

「吸血鬼すぐ死ぬ」は、盆ノ木至さん原作の漫画です。少年チャンピオンで連載されています。

 

アニメ概要

2021年秋に1期、2023年冬に2期がアニメ化。アニメーション制作はマッドハウス。監督は神志那弘志さん。

【キャスト】ロナルド/古川慎さん、ドラルク/福山潤さん、ジョン/田村睦心さん、ヒナイチ/日岡なつみさん、半田桃/松岡禎丞さん、フクマ/土岐隼一さん

 

あらすじ

吸血鬼退治人(バンパイアハンター)のロナルドと、すぐ死ぬ吸血鬼ラルクのコンビを中心とした、吸血鬼やハンターなどの ちょっと変わった人々を巻き込んだ 笑いたっぷりのドタバタコメディです。

 

 

♦コミックはこちらからお求めできます。

 

おすすめポイント

吸血鬼すぐ死ぬ

タイトルにもなっているすぐ死ぬ吸血鬼は、ラルクのことです。

ラルクは、少しどつかれたくらいでも死にます。あいさつ代わりに死にます。でもすぐに生き返ります。ドラルクがすぐ死ぬのは、鉄板ネタのようなものと化しています。

 

吸血鬼が変態

吸血鬼といえば、一般的に人間を襲う怖いイメージがありますが、このアニメの吸血鬼たちは変態が多くて怖さは皆無です。

 

たとえば、マイクロビキニを着せようと人間を襲う吸血鬼強制的に野球拳をさせる吸血鬼話すと全てY談になる催眠術をかける吸血鬼など……。

ちょっと自分で書いててよく分からなくなりましたが、だいたい変態なので怖くないです。あ、違う意味での怖さはあるかもですね!

 

安定の掛け合いが面白い

ロナルドとドラルクの2人の会話は、まるで漫才を見ているように面白いです。幼稚なことを言い合っていることが多いですが、言い合いの返しが予想外で先が読めずにフッと笑ってしまいます。

2人はボケもツッコミもできるので、突然ボケとツッコミが交代しても、違和感なく飽きるヒマを与えずに面白くなります。

 

ジョンが可愛い

ラルクの使い魔のアルマジロジョンには、いつも癒されます。

ただ可愛いというだけではなく、ジョンはとてもいい子で、ロナルドたちの激しい掛け合いが続いてもジョンが「ヌー」と鳴くと、一瞬で場が和むのは不思議です。

 

ジョンだけ癒しの動物動画から出てきたみたい。ジョンは使い魔ですので、1人でおでかけだってできます。おでかけ姿も可愛いです。

 

2期からでも楽しめる

登場人物たちが早口なのでストーリー展開がとても早く、疾走感があってそれでいて細かく笑わせてくれます。

 

1期目から見たほうが分かりやすいですが、バンパイアハンターのロナルドと吸血鬼ドラルクがコンビを組んでいるということを知っていれば、2期からでも楽しめます。

 

基本1話完結(30分で1~3本ほど話がある)で分かりやすい見た目のキャラも多く、2期からの新キャラも登場するので、他の作品よりもなじみやすいかと思います。

 

2期でオススメな話は3話です。新キャラの編集者サンズが登場します。

 

サンズはロナルドの書いた本の大ファンなのですが、ロナルドを前にすると緊張してド直球な下ネタで告白してしまうという、なかなかの変人キャラで面白かったです。

 

 

私はこのアニメを1期から見ているのですが、1期の第1話を見た時は面白さが分からず、いまいちピンとこなかったでした。

 

しかし、途中からこの作品の良さが分かってきました。もしかしたら、じわじわ面白くなる作品なのかもしれません。

 

「吸血鬼すぐ死ぬ」は、ストーリーを気にせずにどの話からでも楽しめます。

 

なので、ちょっと落ち込んだ時や悲しい時に、ランダムに見ても大笑いできる元気をもらえるアニメだと思います。

 

興味のある方はぜひご覧ください。オススメです!

 

『吸血鬼すぐ死ぬ2』は、こちら↓のサイトで配信しています。

配信サイト

配信サイトへ

月額2,189円
31日間無料期間あり
U-NEXT でみる
月額500円
プライム会員特典

アマプラでみる

月額960円
オリジナルコンテンツ数NO.1
ABEMA でみる

 

♦そのほかのおすすめ

mya-yama.hatenablog.com

mya-yama.hatenablog.com

mya-yama.hatenablog.com

 

アルスの巨獣 4話【妖艶なケモミミ美女ロマーナ登場&クウミの心が揺さぶられるのは…】アニメ感想

第4話でも前回と同じく、ジイロたちは霖雨(りんう)の里にいます。しかし前回は登場しなかった新たな人物が登場しました。ケモミミ美女のロマーナです。

 

そして、この美女ロマーナの登場で、クウミの心の描写が繊細に描かれている構成になっていました。

 

 

第4話「彷徨う槍」

クウミの感情が分かる3つのシーン

前回の3話で、心の読める少女ティリからクウミの感情の変化が指摘されました。

 

そのため、4話はなんとなくクウミに注目して見ていたのですが、クウミの表情や行動が繊細に描かれていました。そのシーンを3つほど紹介します。

 

色気のある妖艶なケモビトの女性・ロマーナが登場。クウミに変化があったのは、ジイロがロマーナの賭けにのった時のことです。ちょっと大人な雰囲気が漂う。

何も言わずに遠くから2人をじーっと見つめているクウミがアップになりました。どういう感情の表情なのでしょう↓↓。

次に、クウミを残してジイロ&ミャア&メランが巨獣退治に出かけた時。

 

クウミは自分も付いていこうとしましたが、ロマーナから手伝いを頼まれたために付いていけずに3人を見送ります。

 

ジイロから「大丈夫、心配するな」と言われても、不安げな表情のクウミ。

 

3つ目は、薬を取りに向かったクウミが巨獣に苦戦しているジイロから「来い!」と言われて、すぐに嬉しそうに駆けていくシーン。健気で可愛かったです。

 

クウミの心が動くのは

この3つのシーンから考えるに、クウミの感情が動くのはすべてジイロ絡みでした。

今回はジイロを人買いと勘違いしたロマーナが、クウミとジイロを引き離そうと動いたので、クウミのジイロへの執着?が分かりやすかったのだと思います。

 

ただ、クウミの抱いている感情が何なのかは、まだはっきりと分かりません。

 

カンナギとナギモリのつながりによるものなのか。助けてもらったなのか。それとも恋愛感情なのか。クウミはジイロのことをどう思っているのでしょうね。気になります。

 

赤目の巨獣と約束の指輪

もう1つ気になるポイントです。

 

陸の巨獣しか人を襲わないはずが、今回襲ってきたのは「川の巨獣」でした。

さらに、クウミの付けている約束の指輪が反応したと同時に、川の巨獣が赤目になり狂暴化

約束の指輪のせいで狂暴化している? それとも狂暴化したから指輪が反応した? どちらが先かで今後の展開が変わりそうです。

 

 

何にせよ、メランとロマーナが仲間になって、メインの5人が揃いましたね。同じ村のケモビトなのに、メランとロマーナはあまり会話がないですけど仲はどうなのでしょう?

 

次回は、ジイロの過去を知る人々が登場します。そろそろ本筋に入っていきそうです。楽しみですね。

 

『アルスの巨獣』は、こちら↓のサイトで配信しています。

配信サイト

配信サイトへ

月額2,189円
31日間無料期間あり
U-NEXT でみる
月額500円
プライム会員特典

アマプラでみる

月額960円
オリジナルコンテンツ数NO.1
ABEMA でみる

 

♦第3話の感想

mya-yama.hatenablog.com

 

♦そのほかのおすすめ

mya-yama.hatenablog.com

mya-yama.hatenablog.com

 

シュガーアップル・フェアリーテイル【ヒロインが不憫。3話で衝撃的な展開が⁉】アニメ感想

『シュガーアップル・フェアリーテイル

 

とても可愛らしいタイトルですよね。

 

登場人物は9割くらいが男性で、女性向けのアニメかなと思いながら見ていたのですが、面白くなってきました。ただの女性向けというわけでもなさそうです。

 

以降、作品の紹介と見た感想です。よかったら見てください。

 

『シュガーアップル・フェアリーテイル』とは

作品の概要

『シュガーアップル・フェアリーテイル』は、三川みりさん原作ライトノベルです。

 

2023年冬アニメ作品。アニメーション制作はJ.C.STAFF。監督は鈴木洋平さんです。

【キャスト】アン/貫井柚佳さん、シャル/水中雅章さん、ミスリル/高橋李依さん、ヒュー/前野智昭さん、キャット/寺島拓篤さん、ジョナス/川島零士さん

 

あらすじ

一流の銀砂糖師だった母を亡くした少女アンは、立派な銀砂糖師になるため、砂糖菓子の品評会が開かれる王都へと馬車で旅立ちます。

その道中、アンは護衛のために戦士妖精のシャルを買います。

戦士妖精なのに美しいシャルと、アンは王都を目指して旅を続けるのですが、行く先々で様々なトラブルに遭遇し……。

 

果たして、アンは品評会へと間に合うのでしょうか。

 

 

ライトノベルはこちらからお求めできます。

 

アニメの感想とおすすめポイント

どういう世界?

妖精の片方の羽根を奪い、人間が無理やり使役している世界です。人間がとにかく偉そう。

妖精にも、労働妖精、戦士妖精、愛玩妖精などがいます。

 

主人公のアンが可愛い

主人公のアンは、頑張り屋さん妖精だからと差別することもなく、とてもいい子です。しかし、どこか陰があり不幸な雰囲気が漂い、目が離せなくなる魅力があります。

 

アンがとても可愛いので、アン目当てで見る方もいるのではと思います。実は、私もそうです。アンかわいい!

 

アンとシャルの関係

アンは、シャルを使役せずに仲良くしたいと思っているのですが、口の悪いシャルからは警戒されています。

それどころか護衛してもらうにも、命令しないと助けようとしない。アンはシャルから、人間と妖精の相容れない関係を突き付けられます。

 

アンは何をするにも上手くいかないことのほうが、今のところ多いです。何か不憫なんですよね。早くアンの笑った顔が見たい。

シャルのキツイ態度には理由がありそうなので、ストーリーの中で語られていくのが待ち遠しいです(たぶん暗い内容ですが)。

 

 

私のアニメを見た感想としては、1話で終わらず3話のラストまで見てほしいです!

 

3話で「はぁ⁉ おま、そりゃないだろ‼」という展開が待っています。やっぱりアニメは3話くらいまでは見たほうがいいのかなと改めて思いました。

 

まだ見ていない方も、これから見ようとしている方も、いつの間にか引き込まれる面白い作品ですので、とてもおすすめです。

 

『シュガーアップル・フェアリーテイルは、こちら↓のサイトで配信しています。

配信サイト

配信サイトへ

月額2,189円
31日間無料期間あり
U-NEXT でみる
月額500円
プライム会員特典

アマプラでみる

月額960円
オリジナルコンテンツ数NO.1
ABEMA でみる

 

♦そのほかのおすすめ

mya-yama.hatenablog.com

mya-yama.hatenablog.com

 

アルスの巨獣 第3話【ミャアの謎&巨獣の謎&クウミの精神状態の話】アニメ感想

第3話は、人ではない耳が特徴的なケモビトがたくさん登場しました。

 

今回も気になることが目白押しでしたね。

 

 

第3話「霖雨の里」

「りんう」と読むようです。

 

グウンとキリス

研究所所長のメザミの部下のグウンキリス

 

一見わき役っぽいですが、1話から登場している2人は、会話で「俺たちクビかなあ」なんて話して、哀愁漂う感じが好感が持てますよね。

 

実は重要な2人だったりするのかもしれません。

 

陸と海の巨獣の違い

この2人が話していたのですが、海の巨獣は人を襲わないのだそうです。

 

陸の巨獣は人を襲うのに一体何が違うのでしょう。結構大事な話なのではないでしょうか。

 

ミャア、増える

ジイロ、クウミ、ミャアの3人は「霖雨の里」というケモビトの村へたどり着きました。しかし、村人から警戒されてしまいます。

 

ここでミャアが鳴くと村にも同じ顔&姿のミャアが⁉ 違うのは頭にのせているのが猫か犬かの違いだけ。

猫ミャア「ニャー」

犬ミャア「ワン!」

 

不思議な空気が流れます。「どういうこと?」っていう空気が伝わってきました。視聴者も分からないけど、ジイロたちも分かってない様子です。

 

ミャアたちは何のコンタクトをとったのか。しかし、おかげで村に入る許可がおりました。

 

この村のミャアはネコカブリではなく、イヌカブリらしいです。オープニングの様子だと、ミャアはたくさんいそうですよね。ミャアって何なんだろう。

 

クウミの心の中

人の心が読める少女ティリは、「お姉ちゃん、淋しそう」とクウミの心がとても気になるようです。

 

ティリにそう言われたのは、ジイロにムッとしたあと。その後ジイロと合体して戦うと、「嬉しくなってる」と言われていました。

ということは、クウミの感情が揺れ動いているのは、やっぱりジイロが関係しているのでしょうか。

 

早とちりのメラン

そして、新キャラのメランが登場

耳が可愛いケモビトで「早とちりのメラン」という2つ名を持っています。2つ名どおり早とちりで巨獣に襲われてしまいました。メランという少年がよく分かる内容でしたね。

 

ナギモリになって村を守りたいと夢を持っているメランは、ナギモリのジイロに憧れてしまったようです。クウミに笑いかけられて照れる姿も可愛い。

 

彼が加わることで、ストーリーにどういった変化が起こるのでしょうか。まったく想像できないので、この先がとても楽しみになりました。

 

『アルスの巨獣』は、こちら↓のサイトで配信しています。

配信サイト

配信サイトへ

月額2,189円
31日間無料期間あり
U-NEXT でみる
月額500円
プライム会員特典

アマプラでみる

月額960円
オリジナルコンテンツ数NO.1
ABEMA でみる

 

♦第4話の感想

mya-yama.hatenablog.com

 

♦そのほかのおすすめ

mya-yama.hatenablog.com

mya-yama.hatenablog.com

 

「シン・ウルトラマン」を見た後の主題歌「M八七」の攻撃力がすごい話。

遅ればせながら「シン・ウルトラマン」を見た。

 

遅れた理由は、映画に出演していた長澤まさみさん主演のドラマを当時見ていたので、混ざらないように考慮したため。

 

年末は何だかんだで忙しく、年が明けてようやく視聴。

 

 

まず、最後まで見た感想としては、

 

はがゆい、切ない、胸のあたりがモゾモゾした

 

このぐらいなら言っても問題ないと思う。

 

でもなぜだろう。

 

何日経ってもその気持ちが消えない。あとからじっくり効いてくるタイプの映画だったらしい。

 

 

 

映画を見たあとで、起きた変化がある。

 

主題歌の米津玄師さんの「M八七」を聴くことが日課となった。

 

米津さんの歌は大好きで、新曲が出たら3時間くらいは平気でリピしている人間なのだが、「M八七」はそのリピが遅れてやってきた。

 

だって、この曲。聴けば聴くほど「ウルトラマン」なのだ。「シン・ウルトラマン」を見る前と後じゃ、感じるものが全く違う。

 

曲のラストで「ウルトラマぁぁぁ~ン」と、目頭が熱くなるようになってしまった。

 

いい曲だなぁ~と、ただ聴いていたあの頃にはもう戻れない。

 

 

M八七の謎

ところで、この曲のタイトル「M八七」について。

 

ウルトラマンの故郷ってM78星雲じゃないの? と、疑問に思っている人も多いと思う。私もそうで、ちょっと調べてみたら想像もつかないようなことが判明した。

 

米津さんも最初は曲のタイトルを「M七八」にしていたそう。

 

ところが、「シン・ウルトラマン」の企画・脚本の庵野秀明さんから「M八七」にしたらと提案があった。

 

もともとウルトラマンの故郷はM87星雲だったのだが、台本でM78星雲に誤植され、そのままM78星雲になってしまったらしい。

 

何という運命のいたずら……。

 

しかし、この曲で本当のウルトラマンの故郷を知ることができた。

 

本当に、ウルトラマンとの一体化がすごい曲。

 

 

映画も、曲も、私にウルトラマンの偉大さを教えてくれた作品だった。

 

 

 


www.youtube.com

 

 

『シン・ウルトラマンは、プライムビデオで独占配信中です。

配信サイト

配信サイトへ

月額500円
プライム会員特典

アマプラでみる

 

 

大雪海のカイナ 第1話【幻想的な世界観が美しい&あっという間に過ぎた30分】アニメ感想

前評判が高かったアニメがついに始まりましたね。私もとても楽しみにしていました。

 

続編の劇場版も決定し、アニメが始まる前に続きがあることが分かった珍しいアニメです。

 

少しだけ作品の紹介をしてから、第1話の感想に入ります。

 

 

「大雪海のカイナ」とは

作品概要

「おおゆきうみのかいな」と読みます。二瓶勉さん原作武本糸会さん作画で漫画も連載されています。

 

2023年冬アニメ作品。アニメーション制作はポリゴン・ピクチュアズ。監督は安藤裕章さん。

 

続編の劇場版も決定しました。

 

【キャスト】カイナ/細谷佳正さん、リリハ/高橋李依さん、ヤオナ/村瀬歩さん、アメロテ/坂本真綾さん、オリノガ/小西克幸さん

 

あらすじ

大雪海と呼ばれる雪の海。巨樹の最上部の天膜で暮らすカイナは、おじいさんやおばあさんと共に穏やかに暮らしていた。

 

この世界に人間はもういないと聞かされているが、カイナはどこかで人間はいると信じていた。

 

そんな中、カイナは浮遊虫に乗ってやってきた気を失った少女・リリハを助ける。

 

この2人の出会いが、滅びゆく世界を変えていくー。

 

 

♦コミックはこちらからお求めできます。

 

第1話「天膜の少年」

幻想的な世界観

アニメーションやCGを駆使して描かれる独創的で幻想的な世界観は、とても美しいでした。

 

この世界では不思議な虫が存在していて、食用の虫気球のように空を飛ぶ虫が登場します。

まるで風の谷のナウシカのような世界観という言葉を見かけましたが、本当にそんな雰囲気です。

 

カイナの立ち位置

おじいさんやおばあさんのために、大雪海に出て食料を探しているカイナ。

若者は1人しかおらず、おばあさんは「私たちが死んでしまったらカイナは独りになってしまう」と、カイナの身を案じているのが切ないと同時に、本当に人間はいないのかと疑問を持たせます。

 

疑問の答え

シーン変わって、敵に追われ兵士に守られ逃げる王女・リリハ登場。

人間は他にもいるのだと、カイナよりも先に視聴者には分かります。

 

カイナとリリハの対比

おじいさんやおばあさんとゆったりと穏やかに天膜で暮らしているカイナと、敵に命を狙われ必死で逃げているリリハとの、2人の置かれた状況の対比が、この2人が出会ったとき、どんな物語が始まるのだろうとワクワクさせてくれました。

 

 

第1話は、カイナがリリハを助けたところで終了。

 

ゆっくりとした流れだったのに、退屈することなく時間を忘れて最後まで見ることができました。

 

シナリオも場面が転換するごとに、新しい情報が出てきて次のシーンにつながっていったので、ラストまで楽しめたのだと思います。

 

リリハを追っていた敵たちは追いかけてくるのでしょうか?

 

お願いだからおじいさんやおばあさんを巻き込まないでと願いながら、次回を待ちたいと思います。

 

『大雪海のカイナ』は、プライムビデオで独占配信中です。

配信サイト

配信サイトへ

月額500円
見放題独占配信

アマプラでみる

 

♦そのほかのおすすめ

mya-yama.hatenablog.com

mya-yama.hatenablog.com

 

アルスの巨獣 第2話【巨獣との戦い&キス待ちクウミが可愛いすぎる】アニメ感想

第2話は、巨獣戦から始まりました。

 

ナギモリがどんな風に巨獣と戦うのか、戦闘シーンも見られましたね。

 

他にも巨獣の謎クウミの可愛さなど、気になることが目白押しの第2話です。

 

 

第2話「契約の儀式」

ナギモリとカンナギ

ナギモリとカンナギとして契約を交わしたジイロとクウミの、初めての巨獣との戦いが始まりました。ジイロの中にクウミが吸い込まれて2人が合体して戦うんですね、驚きました。

カンナギの力は膨大で、カンナギの暴走を抑えて「器」となるのがナギモリなのだそうです。クウミの勘で巨獣の目を攻撃。何とか倒すことができました。

 

しかしこの巨獣、これまで現れていた巨獣とすると、とても大きく狂暴だそう。その原因は、カンナギのクウミが瘴気(しょうき)を出して呼び寄せたから

ちなみに、人間が瘴気を浴びると腐って朽ちて死んでしまいます。

 

そんなクウミのことを、「実験体として成功だ」と喜んでいるメザミという研究所の所長には、何か恐ろしい計画がありそうです。

 

今回もクウミが可愛い

追われているとは思えないほど、のほほんと買い物を楽しむクウミには、今回も癒されました。ミャアのほうが心配してます。

そしてジイロから「戦うぞ」と言われ、目を閉じてキス待ちしているクウミが可愛くって、「キスは最初の契約の1回だけでいい」と知ってがっかりしているのも可愛かったです。

 

策士ミャア

契約してナギモリとして戦ったものの、クウミとミャアと関わりたくないジイロは2人のもとを去ります

 

ニヤリと笑うミャアが怪しいですね。何か計画でもあるのかと思ったら、ジイロの槍(ヤリ)を隠し持ってる⁉ この子やりおる……槍だけに

ジイロが槍がないと気付いたころには、クウミとミャアは研究所に捕まっていて、助けに行ったジイロもめでたく共犯となり、追われる身となりました。

 

すべてはミャアの計画通りでしたね。

 

同じ巨獣

今回戦った巨獣は、第1話の30年前のプロローグで花屋のおばさんのクウミが戦っていた巨獣と同じ個体でした。

首がなくなっていたことから、30年前は首を斬って倒したんでしょうか?

 

30年前の巨獣を、若いクウミが瘴気を出してどこからか呼び出した? ちょっとした謎が隠れていそうですね。

 

それと同じ名前のクウミが2人いると分かりにくいので、今後は花屋のおばさんのクウミは、キャスト名の「勝クウミ」と表記します。

 

 

ジイロとミャアは、クウミに巻き込まれる形で仲間になり、一緒に街を出ることに。冒険の始まりって感じでワクワクする終わり方でした。

 

クウミもジイロも過去がありますが、ミャアが1番謎だなぁと思います。

 

ミャアは人から「猫かぶり」と呼ばれていましたが、オープニングだと猫だけじゃなくてとかライオンとかサメとかも被っているんです。

 

猫かぶりって何だろう? まさか、猫のほうが本体じゃないですよね。ミャアの謎は深まるばかり……。

 

次回は新キャラも出てくるようですし、楽しみです。

 

『アルスの巨獣』は、こちら↓のサイトで配信しています。

配信サイト

配信サイトへ

月額2,189円
31日間無料期間あり
U-NEXT でみる
月額500円
プライム会員特典

アマプラでみる

月額960円
オリジナルコンテンツ数NO.1
ABEMA でみる

 

♦第3話の感想

mya-yama.hatenablog.com

 

♦そのほかのおすすめ

mya-yama.hatenablog.com

mya-yama.hatenablog.com

 

/* TO TOP 上に戻るボタンここから */
/* TO TOP 上に戻るボタン ここまで*/ /* パンくずリスト */