/* 目次 */

みゃ~やまぶろぐ

漫画やアニメの感想やおすすめを書いてます

漫画『悪役令嬢転生おじさん』の感想【52歳公務員、悪役令嬢に転生する】

f:id:mya-yama:20220416233845j:plain

 

『悪役令嬢転生おじさん』とは、某SNSで人気がでてコミック化された作品です。私も当時から読んでいました。

 

タイトル通り、悪役令嬢だけどおじさんなんです。

 

※この感想は個人的な感想の他に様々なレビューを参考にして書いています。

 

『悪役令嬢転生おじさん』とは

52歳の公務員のおじさんが、子供を助けて異世界に転生、しかも女性の、公爵令嬢グレイスに転生してしまうというミスマッチをコミカルに描いた作品です。

 

きっちりとした構成で、しっかりと話のオチもつき、1話完結型でとても読みやすいです。

f:id:mya-yama:20220416230116j:plain

普通の悪役令嬢ものとは一味違います。作者の上山道郎さんは、コロコロコミックで連載された『機獣新世紀ZOIDSなど少年漫画を描かれていた方です。

 

そのため絵も作風も男性にも受け入れやすく、普通の悪役令嬢ものとは違い、性別問わず楽しめる作品となっています。

 

見た目は美しい令嬢、中身は52歳おじさん

突然、公爵令嬢になった屯田林憲三郎(52)、公務員

 

サブカルに詳しい憲三郎は、娘が遊んでいた乙女ゲームの世界の悪役令嬢になったことをすぐに理解します。しかし、プレイしたことはなくゲームの攻略法は全く知りません。

 

それでも憲三郎は公務員30年の社会人スキルと、持ち前の謙虚さ&誠実な対応でサラッと攻略してしまいます。

 

悪役令嬢の美しい容姿で降りかかる問題を冷静に論破していく姿は、読んでいて惚れ惚れしますよ。

 

 

悪役令嬢として

普通の転生悪役令嬢モノなら、悪役令嬢はヒロインに優しくするか、かかわらないようにすることが多いのですが、憲三郎は一味違います。

 

自分が王太子の婚約者で、ヒロインをいじめるのが本来の役割と理解している憲三郎は、話を進めるために悪役を演じようとします。

 

しかし、そこは子を持つ父親。自分の娘と同じ年頃のヒロイン・アンナに、つい親目線になってしまうのです。もういじめるとか、そういう次元じゃない展開にクスリと笑ってしまいます。

 

おじさんあるある

人の名前がすぐでない紙がめくれない老眼など、若いころには分からない。でもいつか分かる日が来る「おじさんあるある」も見どころです。

 

感想とまとめ

テンポも非常によくて、次の話が読みたくなる不思議な魅力がある作品です。悪役令嬢好きじゃなくてもハマる方は多いと思います。

 

今までと違う転生漫画が読みたい方、もちろん転生令嬢ものが好きな方など、とても楽しい作品ですので、ぜひ手に取って読んでみてください。

 

 

試し読みはこちらから

まんが王国

 

【他の漫画の感想はこちら】

mya-yama.hatenablog.com

mya-yama.hatenablog.com

 

/* TO TOP 上に戻るボタンここから */
/* TO TOP 上に戻るボタン ここまで*/ /* パンくずリスト */