/* 目次 */

みゃ~やまぶろぐ

漫画やアニメの感想やおすすめを書いてます

アニメ『乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です』第12話 感想【最終話、楽しい修学旅行から宣戦布告された結末はー】

 

今回で『乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です』は、ついに最終回を迎えます。

 

現在、ファンオース公国と戦争中。一体どんな結末が待っているのでしょう。

 

#12 たとえどれだけ、この乙女ゲー世界が厳しくても≪あらすじ≫

最終話は最初からクライマックス

 

修学旅行生だけで、ファンオース公国とやりあい善戦する生徒たち。しかし、そこに多くの戦争を勝利へと導いたファンオース公国の黒騎士が現れます。

 

リオンは黒騎士に勝つことができるのでしょうか?

 

 

この話はこちらの漫画に掲載されています。

VS黒騎士

公国の黒騎士バンデルは、リオンと比べると、戦いの経験値も技術もかなり格上の英雄でリオンには勝ち目がなさそうです。

 

鎧(メカ)の性能はこちらが上のようですが、それでも黒騎士に押されて打つ手がありませんっ。

 

リオンもいつもと違って悪態をつく余裕もなく、だんだんとリオンの鎧・アロガンツがボロボロになっていく様子は、今までの余裕のある戦いと違ってドギマギさせられました。

 

しかし、黒騎士とリオンには違うところがあります。それはリオンは一人ではなく、ルクシオンという頼りになる相棒がいるということ。

一人と一機の力を合わせて戦い、最終的に勝利を掴みました。黒騎士の大剣を手に入れて、余裕をもったリオンの黒騎士への挑発がさく裂します。

 

最終回でも悪態をつくリオンが見れて、納得してしまいました。あれ、なんか、毒されてますね。

 

リオンという人物について

普段は悪役ぶっているリオンですが、「絶対に人を殺さないで解決する」というリオンの強い信念が、今回は妙に強調されていて、今後のリオンの活躍に少し不安を感じてしまいました。

リオンは、善人ぶらずに善と悪が混ざっていて、人間らしく、とても好感が持てるキャラだなあと思います。

 

『乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です』はU-NEXTで配信中です。U-NEXTは31日間の無料トライアルをお試しできます。気になる方はこちらから。

決闘再戦(また⁉)

そしてユリウスたちから、決闘を申し込まれ、まさかの再戦。こんなに早く再戦するとは思いませんでした。あの決闘はなんだったのか…。

 

「打倒リオン」に燃えているせいか、イケメン5人は以前のように、互いにいがみ合うことがなくなり、友情が芽生えているようです。スポーツアニメくらい楽しそう。

クリスも「リオンは目標」と恥ずかしげもなく言っているし、結局決闘で負けても「やっぱり強いなあ、次は負けないぞ(爽やか)」な感じでマリエが一番損しているというオチ。

 

マリエも何やら企んでいそうですが。

 

3人仲良く

リオンとオリヴィア、アンジェリカの楽しい会話は第7話ぶりでした。ずっと暗い雰囲気が漂っていたので、ようやく元通りの学園生活に戻りましたね。

ん…若干、前とは関係性が違っています?

 

アンジェリカの場合

まず気になったのは、アンジェリカと兄・ギルバートの会話シーン

 

ギルバートは、優良物件のリオンの女性関係についてアンジェリカにしれっと探りを入れてきます。何か思惑があるのですかねぇ。

 

そして後日、リオンを「父と兄上に紹介したい」と言ったアンジェリカの心の内も気になるところ。

 

前回の11話で、船から落ちかけ死を意識したときに、リオンへの気持ちに気付いたようでした。今後どうなるのか楽しみです。

 

オリヴィアの場合

オリヴィアから「好き」と告白され、恥ずかしくてオリヴィアをさけ続けていたリオン。「返事はいつか聞かせてほしい」と、オリヴィアはリオンに伝えます。

 

この前まで、下を向いていたオリヴィアとは思えないほど、真っ直ぐにリオンと向き合うようになりましたね。

公式サイト第2話より

初めて出会ったときのオリヴィアとは、もうすっかり別人です。

 

リオンが告白の返事をするときはきっと、乙女ゲーのヒロインと攻略対象キャラに拍手を送るだけのモブキャラの存在だと思っていた自分から、抜け出して自信を持ったときなのではないでしょうか。

 

リオンの場合

宣戦布告した公国のヘルトルーデ王女を捕らえた功績として、リオンは男爵から子爵に昇爵爵位が上がること)しました。

 

昇爵には、ユリウスたちや、アトリー家、ローズブレイド家の口添えがあったとのこと。残念ながら、リオン本人の意思とは逆に、皆に認められてしまっています。

 

オリヴィアとアンジェリカと素直に一緒にいたいと思えるようになったのは、モブキャラのリオンにとって、大きな変化です。

 

ここで終わりなのはとても寂しいっ!

 

 

まとめ

アニメが始まった当初は、作画がひどいと言われていましたが、ストーリーもキャラの内面をとらえていて、登場キャラも魅力的でとても楽しく見たアニメでした。

 

リオンとルクシオンの、遠慮なしの会話も毎回楽しみでしたし、オリヴィアとアンジェリカとの関係ユリウスたちのアホさ加減いつの間にか残念な役回りのマリエなど、飽きることなく全話見ることのできた作品です。

 

今回、この『乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です』で、初めて私はアニメの感想というものを続けて書いたのですが、この作品を選んでよかったなと心から思いました。

 

ぎこちない感想だったと思いますが、読んでくださった方々、本当にありがとうございました。

 

「モブせか2期」があることを期待して、リオンのまだまだ続く厳しい世界をアニメで見られることを願います。

U-NEXTで31日間無料でお試し視聴できます
登録でアニメ/映画/ドラマ/マンガ見放題

 

1つ前の第11話の感想

mya-yama.hatenablog.com

 

おすすめ

mya-yama.hatenablog.com

mya-yama.hatenablog.com

mya-yama.hatenablog.com

 

 

アニメ観るなら<U-NEXT>

 

/* TO TOP 上に戻るボタンここから */
/* TO TOP 上に戻るボタン ここまで*/ /* パンくずリスト */