/* 目次 */

みゃ~やまぶろぐ

漫画やアニメの感想やオススメを書いてます

恋愛フロップス 第9話【愛の死を受け入れられない朝のもとにあの4人が!&ラブリンについて】アニメ感想

ネットワーク障害により、真っ暗になったディスプレイに映ったのは、愛生(あおい)、そして愛。

 

AIの中に、幼なじみの愛が確かに存在すると分かるそんな9話でした。

 

第9話「ママから赤ちゃんプレイのお誘いだぞ」

好乃からの依頼

世界的なネットワーク障害が起きていますが、朝(あさひ)は愛の死を目の当たりにしてそれどころではない状態です。

しかし、好乃からその障害の原因が愛のAIで、救えるのは朝(あさひ)だけ、もう1度VRの世界に入ってほしいと頼まれ、朝(あさひ)の心を揺さぶります。

 

「死」というのは、先立たれた者にとっては、ゆっくりと受け入れていくものだと思うし、大切な人の死を実感してすぐに、その人のコピーのAIに会いに行けっていうのは、なかなかだなぁと思います。

 

大事な時間

久しぶりにアメリア、イリーナ、モンファ、カリンが登場しました。

 

4人がAIだと分かって、もう会えないのかと思いましたが、VR世界と現実世界で普通に話せるんですね。

 

ポリゴン姿の4人も可愛かったです。なんとなく、ゲームのファイナルファンタジーⅦを思い出しました。

 

4人に会って朝(あさひ)の声にちょっと元気が戻ります。

たった1日くらいのAIの実験だったとしても、朝(あさひ)にとってとても大事な時間だったことが伝わってきました。

 

ラブリンの謎

ずっと気になっているのが、第6話のラストの、5体のラブリンっぽいぬいぐるみたちと怪しく笑う好乃の会議です。

 

キャストを確認すると、各国ラブリンとなっています。ただこの中に、いつものラブリンは含まれていません。

 

各国が日本、アメリカ、ブルガリア、中国、ドイツだとすると、いつものラブリンはどの国にも当てはまらない。

ラブリンは、朝(あさひ)と愛が子供のころからいるみたいですけど、どういう立ち位置なのでしょう。

 

それと、朝(あさひ)の家のリビングのテレビ台の棚には、14体のぬいぐるみが飾ってあります。

 

VR世界でも現実でも同じ14体です。朝(あさひ)のお母さんの趣味なんでしょうか。

まさかあれ、全部各国ラブリンじゃないですよね……そうなるとだいぶ話が変わってくるような。

 

 

そろそろ物語も佳境に入ってきました。

 

つい最近まで考察してたのに、いつの間にか解明して次の段階に進んでます。もうちょっと引っ張っても面白かったのでは、と少しだけ思ってしまいます。

 

次回は、また朝(あさひ)がAIのVR世界に入るようです。前と同じ世界なのか、それとも?

 

次回も楽しみです!

 

『恋愛フロップス』は、こちらのサイトで配信中です。

配信サイト

配信サイトへ

月額2,189円
31日間無料期間あり
U-NEXT でみる
月額500円
プライム会員特典

アマプラでみる

月額960円
オリジナルコンテンツ数NO.1
ABEMA でみる

 

♦第8話

mya-yama.hatenablog.com

 

♦そのほかのおすすめ

mya-yama.hatenablog.com

mya-yama.hatenablog.com

 

/* TO TOP 上に戻るボタンここから */
/* TO TOP 上に戻るボタン ここまで*/ /* パンくずリスト */