/* 目次 */

みゃ~やまぶろぐ

漫画やアニメの感想やおすすめを書いてます

漫画『異世界に救世主として喚ばれましたが、アラサーには無理なので、ひっそりブックカフェ始めました。』感想【おすすめ】

 

まず、タイトルを書いてみると、長くて驚きました。よ、46文字!?

 

このタイトルを読んだとき、「異世界なのに、現代っぽいブックカフェってどういうことなの?」となったのですが、そんな最初の疑問を忘れるほど、面白い漫画でした。

 

タイトルが、漫画の内容をほとんど説明しているのですが、とても楽しい作品だったので、私からも説明させてください。

 

 

※この感想は個人的な感想の他に様々なレビューを参考にして書いています。

 

漫画『異世界に救世主として喚ばれましたが、アラサーには無理なので、ひっそりブックカフェ始めました。』とは

 

小説投稿サイトで、和泉杏花さんが書かれた小説をコミック化したものです。

 

シリーズ構成を近江谷さん、作画は桜田霊子さんが担当されています。

 

あらすじ

水森月奈は目を覚ますと、異世界転移していて、「神」を名乗る謎の球体から別の世界に行ってほしいと言われます。

 

しかし、「アラサー女子の私に、世界を救うなんて無理がある」と月奈は乗り気でありません。

 

断固拒否する月奈。

 

どーしても行ってほしい神は異世界にいるだけでいいから」とお願いし、交渉に交渉を重ね、月奈に能力をたっぷりとサービスして、どうにか転移させるのでした。

 

月奈は、街から少し離れた場所にブックカフェをオープン

 

読書を1人楽しむ月奈の店に、1人の男性が訪れます―

 

 

以下のリンクから試し読みできます。

【まんが王国】★お得感No.1★国内最大級の電子コミックサイト

主な登場人物

水森月奈(ツキナ)

大国「オセル」異世界転移した33歳のアラサー女子。異世界ではツキナと名乗り、救世主だということは隠しています。

 

読書と料理が大好きで、本を読むときは眼鏡を装着。神からたくさんの能力をもらっていて、魔力も多く、食料も家具も自由自在に取り出せます。

 

ソウェイル(イル)

ツキナのブックカフェに訪れた最初のお客さん。大国「オセル」の騎士団長愛称はイル

 

ツキナと同じ本好きで、本の趣味も合い、ブックカフェに通いつめて親しくなります。

 

真面目で、見合いも断るほど騎士の仕事に従事していましたが、ツキナと出会ったことで心境に変化が―

 

 

ツキナとイルの出会いはこちらから。

まったりブックカフェ、でも異世界モノ

ここまでだと、ただの楽しいブックカフェのお話のようですが、ここは異世界

 

当たり前のように、恐ろしい魔獣がいて襲ってくるし、魔法の暴発なんて恐ろしいことも。

 

実は、他にも救世主がいて、何やら問題がありそうなのです。

 

 

感想

原作・構成・作画と分担され、それぞれ隙なくしっかりとしていて、とても読みやすかったでした。

 

ツキナが、頬を赤らめてほんわかした顔がたまらなく可愛いです。イルを含めた男性たちもキリッと格好よく、背景も細かい部分まで描き込まれいるので、読み進めていくのが楽しみでした。

異世界モノでよくある、勇者や救世主になった主人公のやったるぜ!感はなく、しっとりとした大人な転生モノです。

 

もちろん、ツキナは、いろいろな問題に巻き込まれてしまいます。

 

「世界を救うなんて無理」と言っていたツキナにも、少しずつ変化が訪れます。ツキナが否が応でも、救世主だということを自覚し、苦悩する描写は心が震えました。

 

そんなツキナと、優しく支えてくれるイルの落ち着いた関係は甘すぎず、とても好ましかったです。

 

本好きの夢が詰まった作品です。本が汚れない魔法に、おいしい食事など、至れり尽くせりなブックカフェに私も行ってみたいと思いました。

 

 

\ 試し読みはこちらから /
/ 『異世界に救世主~』で検索 \ 

 

 

まったりした作品のおすすめです。

mya-yama.hatenablog.com

mya-yama.hatenablog.com

 

最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>

/* TO TOP 上に戻るボタンここから */
/* TO TOP 上に戻るボタン ここまで*/ /* パンくずリスト */